細胞レベルに働きかける幹細胞コスメ

ヒト、植物、動物。どの由来が良いの?

2017/11/16

 

幹細胞コスメには幹細胞エキスが
含まれていますが、実はこの幹細胞には種類がいくつかあります。

大きく分けると3つあり
ヒト由来の幹細胞、植物性幹細胞、そして動物性幹細胞です。

これらはどのように違いがあるのか知ったうえで、
自分に合ったスキンケアを選ぶようにしてください。

動物性幹細胞

動物性幹細胞は主に
羊の毛根やプラセンタから抽出されたものがあります。
スキンケアに用いられるプラセンタは豚などがありますが、
幹細胞コスメで羊のものを使用したコスメはあまり
日本に流通はしていません。

ヒト由来の幹細胞などのサポートとして、
プラセンタが配合されている場合はあります。

植物性の幹細胞

次に植物性の幹細胞ですが、最近注目を
集めているのがリンゴから抽出される幹細胞エキスです。
特にウトビラー・スパトラウバーと呼ばれる品種は、
4か月腐らないと言われるほど元気なリンゴで
そこから抽出される幹細胞が使われています。

リンゴ以外にもアルガンツリーと呼ばれる樹木の幹細胞や山人参、
高麗人参、カミツレという薬草から抽出したものなど様々な植物性幹細胞があります。
環境があれば育つのが植物ですので採取しやすいのが特徴です。

また値段がリーズナブルなので、
幹細胞コスメ自体がはじめてといった人にも買いやすいというメリットがあります。

ヒト由来の幹細胞

もう一つはヒト由来の幹細胞です。
人間の幹細胞から抽出した、細胞が分裂したり増殖する時に
分泌される幹細胞培養液というものを配合しています。
そのため人間の幹細胞そのものを配合しているわけではありません。

特徴は元々人間にあるものを使用しているので、
人との相性がベストであり安全性があります。
ただ科学的に作られた成分ではないため、成分を安定させるのに
高度な技術が必要となり、どうしても値段が高くなってしまいます。

コスパを考えないのであれば、人の幹細胞が
安全性と効果の面から考えるとベストではないでしょうか。

ただし、植物性や動物性が効果がないわけではなく、
色々と実際に試してから自分に合うものを選ぶ方法が良いでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

エステ感覚極上美肌へ

ワンダーパーツジェリーマスク

人気の幹細胞美容液解説